手術方法を把握しよう|自分に合った布ナプキンを購入して使用しましょう
ウーマン

自分に合った布ナプキンを購入して使用しましょう

手術方法を把握しよう

困るウーマン

女性の中には、性器の形にコンプレックスを感じている方が多くいます。また、形だけではなく、イスに座る時やパンツを履く時に違和感を感じる場合があります。違和感を感じる原因としては、小陰唇が大陰唇よりも飛び出てしまっていることがあげられます。また、飛び出してしまったまま放置すると黒ずんでしまうので、そうなる前に病院や専門のクリニックで縮小手術を行うとよいです。しかし、中には手術を行わなくても治療をすることができる場合があるので、病院やクリニックで確認してみましょう。自分でも確認することができますが、確認方法としては小陰唇が大陰唇よりも大きく飛び出してしまっている場合や洋服を着る際に擦れてしまっていたり挟まってしまっている場合は手術を受けたほうがよいでしょう。小陰唇を縮小する手術を行う際には、事前にカウンセリングを行います。そのカウンセリングでは、現在の性器の状態やどのように手術を行うのか確認を行います。また、どんな形にするのか決めることができるので、手術後に後悔しないようにしっかりと相談しておいてください。縮小手術を行う時には、女医が対応してくれる病院やクリニックで相談した方がよいでしょう。中には、男性の医師が担当している場合があるので、同性である女医がいる病院で小陰唇縮小手術を受けたほうが安心することができるでしょう。手術内容としては、大陰唇からはみ出している部分を切開して縫合するだけの簡単な手術になります。なので、短時間で手術を完了することができるので入院する必要はありません。